心の病気を予防と改善~メンタルケアでスマイルライフ~

女性

心の病は早期対処が必要

病院

現代は高度情報化社会です。多くの映像や音を含んだ膨大な量の情報が各メディアを通じて目や耳へ入ってきます。この様な驚異的な環境の変化が始まったのはここ数十年です。職場や家庭において自分では気が付かない内にストレスを重ねている事があります。ストレスは心身共に多くの影響を与え、体調の変化を生じさせる様になります。そのストレスを解消する為に食べる事へ意識が向かう事があります。暴飲暴食をする事で気を紛らわそうとする人達です。この様な食生活の乱れは自律神経のバランスを崩し、質の良い睡眠を妨げる要因となる事があります。昼間の仕事や日常生活に支障をきたす様になると、ストレスは更に増えていきます。ストレスを上手に解消できない人はうつ病や心身症といった深刻な心の病気に進んで行く事も多いです。できるだけ早く対処できるかがその後の治療経過にも大きく影響してきます。自覚症状がある人や周囲の人に指摘される事がある人は、独りで悩まずに早めに専門家へ相談する事が先決です。

心の病気は様々な症状がありますが、まずは専門家へ相談する事が先決です。かかりつけの内科医への相談で改善が感じられない場合は心療内科や精神科で専門医による診察と治療を受けるのが最適です。向精神薬や抗うつ薬等の薬物療法と、各種心理療法がメインとなります。更に臨床心理士等によるカウンセラーによるカウンセリングで大きな治療効果を得る事があります。心の病気を改善させるには深層心理において発端となった部分を解きほぐしていく作業が重要である事もあります。信頼関係が築けるカウンセラーとのコミュ二ケーションは治療期間を短縮できるので、多くの人が利用しています。そしてカウンセラーとの相性も大切です。長期間心の病気が改善されない場合は治療施設を変えてみるのも一つの手段です。そしてこれ等の治療に加え、専門家によるアドバイスを生活の中で実践していくのも大切です。乱れた生活習慣を見直し、ストレスを解消できる様に趣味を多く持つ等の工夫をしながら心の病気を予防している人も増えています。最近は心の病気に対する偏見や思い込みも減少しているので、気軽に専門家の所へ相談する人が増加していく事が予想されます。