心の病気を予防と改善~メンタルケアでスマイルライフ~

女性

心の病は難しい病気です

心の病は増えているのです

病院

近年は医療機関の発達や職場環境の悪化などに伴い鬱病などの心の病に苦しむ人が増加が深刻です。特に、パワハラなどが正式に認められるようになってからは、自分が病気だと理解していなかった人も、病院で診断した結果、鬱病などの心の病気であることが発覚する場合が多いです。心の病気は、心の弱い人がなりやすいと思われがちですが、実際は責任感が強い人やプライドが高かった人の方がなる場合が多いようです。特に挫折を味わったことの無い人が、社会に出て挫折を味わった時の状態が悪いとそのまま心の病気に繋がってしまう場合もあるのです。また、自分で認めたくないでいる予備軍はもっとたくさんいると考えられているので、社会的には非常に難しい問題です。それと同時にも不登校やいじめなどにより子供の時期から心の病気に悩む人もニュースで多くなっています。子供の場合は親と言う大きな味方がいるのですが、そのような問題に直面した時に親がうまくケアすることが必要です。心の病は、治ったと思っても再発する場合も多いので、余計に難しいと言えるのです。

周りの人が気づくことです

心の病気は、一般の人にとっては非常に判断が難しく、理解できない人にとっては、ただ落ち込んでいるだけとかいつまでもメソメソしているように映ってしまう危険性をはらんでいます。今までと雰囲気がなんか違っておかしいと思ったら、病気に陥る前に周りの人や上司が気づいてサポートできればベストです。しかし、このように心の病気の人が多くなっているということは、なかなか気づいたり人のサポートまで頭が回らない環境が多くなっていると言えるでしょう。せめて家族がケアできればいいですが、共働きの場合や時間が合わない人もいるので、問題を自分で抱えた結果、病気になってしまうという悪循環が多いです。自分自身で精神的にちょっとヤバいと感じたら、病気で相談したり、職場で上司や同僚と悩みを話すことができれば、仮に病気になっていたとしても回復は早いと言えるので自分自身で気づくことも大切です。好きだったものに興味が無くなってきたりすると、危ない信号ともいえるので、そのような場合に周りの人が気づいてあげるようにしましょう。